Amazonで期間限定タイムセール開催中!
勉強法

【受験生必見!】今だけ無料でZ会の「これからの大学入試の教科書」がもらえるよ!

大学受験は独学だけど大丈夫かな

もうすぐ大学入試の制度が変わるらしいけど大丈夫かな

 

そんな思いをしている受験生に朗報があります。

こんにちは、受験アドバザーのボビング橘です。

 

突然ですが、「受験は情報戦」という言葉を知っていますか?

受験は情報戦と聞くと、多くの人は

特定の塾でしか教えてくれない解き方とか?

と思うと思いますが、受験に対するマインドや計画の立て方も立派な情報戦です。

 

今回は、あの有名なZ会から「これからの大学入試の教科書」というものが無料で配布されています。

 

無料だからもらうというのではなく、知らずに損をすることを防ぐために貰うことを強くおすすめします。

受験は情報戦の意味

まず簡単に、受験は情報戦ということを強く実感した出来事を僕自身の体験談から話させていただきます。

 

僕自身の自己紹介を簡単にしておくと

  • 地方公立高校出身
  • 塾なし
  • 現役東工大合格

といった感じなのですが、僕自身が地方公立高校から現役で東工大に合格できたのは高一の頃から情報をたくさん集めていたからといっても過言ではありません。

  • 高一では英語・数学をとにかく基礎固めする
  • 英語に関しては高3になる前にある程度完成させておく
  • 理科は先に履修している科目はある程度高2で固める

などなど、学校の先生や友達からは知ることができない情報を色々集めて高校の早い段階から勉強していました。

その情報があったからか、大学受験はかなり余裕を持って挑むことができました。

  • 駿台模試で数学の偏差値を103まであげる
  • 現役で東工大模試で冊子掲載
  • 高3の6月でセンターマーク模試700点台後半

こんなことは、普通に参考書のみを使って塾にも行かずに達成するなんてできなかったと思っています。

 

3分だけ僕に時間をください

確かに、僕自身の体験や経験をもとにした情報は僕の公式LINEから知ることはできますが、どうしても最新の情報というのは僕自身も入手しづらいです。

 

ですが、情報にはいつまでも変わらない本質情報と、その時々の最新の情報というものがあります。

 

受験で後悔しないためにも、大手の発信している最新の情報というものにはある程度貪欲に知る努力をしていくことが大切です。

そこで今回おすすめするのがZ会の「これからの大学入試の教科書」です。

Z会公式HPに移動する

具体的な応募方法

それでは、具体的な応募方法について紹介していこうと思います。

まずは、自分がどの資料請求をするかを選択しましょう。

次に、自分の住所や性別、高校名などを記入していきます。

こちらはそのままの流れで登録していけば大丈夫です。

続いてはお届け先の住所を記入していきます。

そして、最後にあるZ会からのメールを受け取りますかで「いいえ」を選択すればしつこい勧誘メールも届かないので安心です。

まとめ

今回は、受験で大切な情報戦について紹介しました。

僕自身も資料請求してこの「これからの大学入試の教科書」を読んでみたのですがとても有益な情報ばっかりでびっくりしました。

受験では自分から主体的に動いてありとあらゆる情報を掴んでいく姿勢がとても大切なので、「これからの大学入試の教科書」は無料ですしぜひ資料請求してみてくださいね。

ついでに僕の公式LINEも追加してもらえるとありがたいです笑

以上:【受験生必見!】今だけ無料でZ会の「これからの大学入試の教科書」がもらえるよ!でした。

Z会公式HPに移動する