Amazonで期間限定タイムセール開催中!
水泳

【半フリ】半フリの呼吸の回数って何回が一番いいの?呼吸のタイミングや回数も徹底解説

半フリの呼吸の回数って何回がベストなんだろう?

日本トップクラスの半フリの選手は一回も呼吸しない人が多いらしいけどやっぱり呼吸しないほうがいいのかなぁ?

そんな悩みを抱えている人は少なくないと思います。

こんにちは、ボビング橘です。

僕自身、長年50m自由形の選手として全国大会に出場してきた経験もありますが、半フリに置ける呼吸の回数問題はどの選手も経験したことがあるかと思います。

実際に僕自身も、小さめの試合で呼吸の回数を調整しながら全国大会では何回の呼吸で泳ぐかも考えたものです。

そこで今回は、半フリでの呼吸の回数を僕自身の経験も生かしながら皆さんにお届けできたらなぁと思います。

半フリでの1番いい呼吸の回数は何回?

半フリで1番いい呼吸の回数は何回なのかを詳しく解説していこうかと思います。

半フリの呼吸の回数は個人個人で異なります

まず、当たり前かもしれませんが半フリで一番いい呼吸の回数は当然個人の肺活量やトレーニング量によって異なります

選手の年齢や性別によっても異なってくるため、一概に何回がいいとは言い切ることはできませんが、半フリで呼吸を減らすメリットとしては泳ぎのテンポが崩れないことや抵抗が少なくなることがあります。

半フリで呼吸を減らすメリット

  • 泳ぎのテンポが崩れない
  • 抵抗が少なくなる

呼吸を無理して我慢しすぎるとラスト15mで体が全く動かなくなりますよ

じゃあ、なるべく限界まで呼吸を減らして泳いだほうがいいのかな?

そう思ったスイマーの方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

呼吸を我慢しながら泳ぎ続けると、ラスト15mあたりから急激に体が動かなくなります。

半フリにおいては、ラスト15mからさらに伸びてくる選手も多いため、ここで体が動かなくなってしまうことははっきり言って致命的です。

そうならないためにも、限界ギリギリの呼吸の回数を見つけることが重要となってきます。

僕個人のおすすめ呼吸回数は2回です

うーん、じゃあ何回くらいがベストなんだろうなぁ?

そう思った人も多いと思うので、ここでは僕自身の呼吸の回数を紹介してみようと思います。

僕自身の半フリでの呼吸の回数は2回で、吸うタイミングとしては25m前後に1回と、残り15m前後で1回です。

このタイミングで呼吸することによって、ラストまで力強く泳ぎきることができました。

※長水路の場合は、プールの底にラインが引いてあるのでわかりやすいですよ。

あくまでも僕自身のベスト呼吸回数なのですが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

半フリの呼吸の回数とタイミング

  • 1回目:25m前後
  • 2回目:残り15m前後

日本トップクラスの半フリ選手の呼吸回数は?

ここからは、日本代表選手の半フリにおける呼吸回数について紹介していこうかと思います。

男性選手の場合

まずは男性選手から紹介していきます。

今回紹介するのは中村克選手と塩浦慎理選手の呼吸回数について調べてみました。

①:中村克選手の呼吸の回数は?

今回題材にしたレースは2018年の日本選手権決勝です。

呼吸の回数としては、安定の0回でした。

②:塩浦慎理の呼吸の回数は?

今回題材にしたレースは2018年の日本選手権決勝です。

塩浦選手の場合も、呼吸の回数としては0回でした。

女性選手の場合

続いて女性選手から紹介していきます。

今回紹介するのは池江璃花子選手の呼吸回数について調べてみました。

①:池江璃花子選手の呼吸の回数は?

 

View this post on Instagram

 

水泳のパンパシフィック選手権第3日(11日)、 競泳女子100mバタフライは池江璃花子選手が56秒08の日本新記録をマークし、主要国際大会で初めて金メダルを獲得。女子200m個人メドレーは大橋悠依選手が大会新で制し400mとの2冠を達成、寺村美穂選手が3位となりました。 また、男子200m個人メドレーは萩野公介選手、男子4×100mフリーリレーでは日本(中村克選手、塩浦慎理選手、松元克央選手、溝畑樹蘭選手)がそれぞれ3位に入りました。(写真:フォート・キシモト) . 🏊‍♀️Pan Pacific Swimming Championships 2018🏊‍♂️ . [Women’s 100m Butterfly] 🥇池江璃花子/Rikako Ikee . [Women’s 200m Individual Medley] 🥇大橋悠依/Yui Ohashi 🥉寺村美穂/Miho Teramura . [Men’s 200m Individual Medley] 🥉萩野公介/Kosuke Hagino . [Men’s 4x100m Free Relay] 🥉中村克、塩浦慎理、松元克央、溝畑樹蘭/Katsumi Nakamura, Shinri Shioura, Katsuhiro Matsumoto, Juran Mizohata . Photo:PHOTO KISHIMOTO . #Swimming #panpacs2018 #Roadto2020 #水泳 #競泳 #パンパシ水泳 #トビウオジャパン #池江璃花子 #大橋悠依 #寺村美穂 #萩野公介 #中村克 #塩浦慎理 #松元克央 #溝畑樹蘭 #がんばれニッポン #JapaneseOlympicCommittee #TEAMNIPPON

「チームがんばれ!ニッポン!」さん(@team_nippon)がシェアした投稿 –

今回題材にしたレースは2018年の日本選手権決勝です。

池江選手の場合は、呼吸の回数は1回で、呼吸したタイミングとしてはラスト15m手前と言った感じでした。

まとめ:半フリの呼吸回数に関しては減らしたほうがいいけど我慢しすぎるのはかえって悪効果!

今回は、半フリの呼吸回数について紹介してきましたが、呼吸回数は当然ながら減らしたほうがいいものの、やはり我慢しすぎるのはよくないようです。

あの池江選手ですら1回呼吸をするのですから、無理して無呼吸にこだわる必要はありませんよ。

かと言って呼吸の回数を増やしすぎると逆に遅くなってしまうので、自分自身の最適な呼吸回数を見つけてみてくださいね。

以上:【半フリ】半フリの呼吸の回数って何回が一番いいの?呼吸のタイミングや回数も徹底解説でした。

 

〜大学生から投資を始めよう〜

大学生でも気軽にFXを初めてみませんか?

1万円あれば十分トレードすることができますよ!

詳しくはこちらのサイトを参考にしてみてくださいね。

\\クリック//

>>海外FXならXMが1番な理由とは?